2021/03/13 23:18

● ▲ ■ のロゴについて少し。



素直にいい形を、と思っています。

ずっと彫刻でも形とひたすら向き合ってきたから。

もうひとつ、自分の中の深いところにずっとある、江戸時代の禅僧の仙厓義梵(せんがい ぎぼん)の書いた禅画
「○△□」。
強く想うのではなく、今はもう深いところに静かに この禅画が自分の中にあります。

20代の頃から、禅の思想やら禅画やら、禅の呼吸法やら、とても想うところがあり好きで。
仙厓さんや白隠さん、修験僧の円空さんや木喰さん。好きで。
彼らにとってはきっとそれらは教えの表出であって、美術でも芸術でもなく。 
それでも、それだからこそ、彼らのてらいのない表現にひかれていました。


十牛図なんかもとても心に響くものがあり、今でも自分の奥深くで静かに大切にしています。


調べれば多分いろいろ出てくるこの禅画の解釈、円相や真理やそんなこと。でも今はそういうものは遠く。

私にはこの「○△□」は、○でも △でも □でもいいんだよ〜って、そう言ってくれているような気がするんです。
それぞれ、いいかたちですよ、ねぇ〜って、難しく考えなさんなって、なんかそう言ってくれてる。


大そうな円相も、饅頭にして「これ食うて茶ぁのめ」ってそう言ってくれる仙厓さんだから。
死ぬ間際に「死にとうない」って、そんな この世を愛おしむ仙厓さんだから。


特にこの禅画を意識して生きていたわけではないけれど、子供を産んで、いろいろあって、それを超えた先に ふと現れてくれた「今を楽しんで生きる」ってことが。
20代も30代もあれやこれや知識を入れ込んで本を読み漁って必死に求めて求めて、必死になって実践して、パンパンになるまでやって。
そんで、ふと力が抜けたその時に いつしか自分で意識することなく ずっと近づきたかった「いま ここ」に、しっかり息をして 在ることのできている自分がいることに気づいた時に。

なんだか仙厓さんのこの禅画が心の中に浮かんだんです。
それでいいよーって。

それは自分自身にも、そして 大切な他者にも。



革製品を本気で作ってみようと、そして刻印のことを思った時、自然に ● ▲ ■ が浮かびました。


素直に いいかたちを。 




いい形を、いまここを一所懸命に生きて、楽しんで、作っていけたらと思っています。